P4U2 ver2.02雑感 その3 真田一族について

今回もキャラについての雑感。独断と偏見で各キャラについてざっくりと。

例によって独断と偏見なのでなんとやら。

 

[3]表真田/影真田

お祭りするなら表真田。手堅く遊ぶなら影真田。

立ち回りは相変わらず(但しSBソニout、SBコークin)な訳だが

火力が出せる場面が前作と比して増え、平均火力が増強され、今迄以上のコンボキャラになった。

 

浅く使うにしても深く使うにしても、表の方が使用難易度の高いと思われるキャラ。多分結構珍しい。

使用難易度に関して、表の方が難しいとする主な理由は

 

第一に表真田はコンボ判断が非常に面倒臭く

非覚醒時と覚醒時、コンボにゲージを使う際、使うゲージの量によってコンボ構成が結構ガラリと変わるというのが一点。

影の場合、125%以上使った行動は出来ないが100%コンボまでだけ覚えておけばいいのだし、非覚醒時と覚醒時のコンボの使い分けは必要無いので結果として覚えることは結構少なく済む。後に挙げているが暴走も覚えやすい。

 

そして第二に、表のA連がかなり微妙で、反面影のA連が非常に扱いやすい点。

影の側はA連が非常に優秀でコンボの中継に使えたり、ゲージ回収、バースト回収を兼ねつつダウンが取れたりでいうことない。

表のが不遇過ぎるという方が早いかもしれんが。

 

また、影真田の暴走コンボは比較的及第点が出しやすく(キッチリ詰めれば例に漏れず判断、精度の問題も出てくるが) 暴走コンボが導入しやすいという点も挙げられる。多分全キャラ中屈指の楽さ。反面表のombコンはちとめんどい。

 

ざっくり過ぎたりちょっと変な理由混じったりしてるかもだけど、以上三点が主な理由。

 

次に表と影の強みについて。

表の強みとしては

①低ゲージからでも超火力が出せるombコンボ

②元来体力が高く、覚醒時の恩恵が大きい

③ゲージを大量に吐くコンボ、崩し等の行動がムチャクチャ強い

④体力の高さやombコンボでの青バ強要能力等、諸々含めて影戦の適正が高い

 

などが挙げられ、影真田の強み、特徴としては

①A連が非常に優秀でコンボの中継に使えたり、ゲージ回収、バースト回収、ダウンが取れたりでいうことない。表のが不遇過ぎるという方が早いかもしれんが。

②コンボ火力が非常に高く、暴走に頼らずとも試合を決められる場面が多々有る

③マハジオダインがいつでも打てる(今作結構強力なコンボパーツ)

④暴走コンボの燃費が良く、25%からでもそこそこ纏まったダメージが取れる。

⑤上記の理由により、影によくあるゲージに縛られてSB技が使えない、とかが少ない。

⑥立ち回りで劣勢に立たされることが多い真田としては、一度のチャンスでバー対しながら殺せる暴走コンボが非常に強力

 

などが挙げられる。②なんかは合わせて表真田の強みでもあるので、影真田の強みとして挙げるのも少し変ではあるが

まぁ暴走に頼らずとも、という点は影として優秀であろう。

立ち回りで苦労する真田にとっては⑥の存在が大きく、一度のチャンスで一気に勝ちをもぎ取れる暴走コンボの存在は魅力だ。

生暴走適正もある程度はあるので、判断次第では次のラウンドに繋ぐことも出来る。

 

 

割と一長一短の強みであり、表が影と対峙してもそこそこやれることから、好みでどちらを選んでもそう後悔はしないと思われる。

キャラパワーに関しても、表と影でそう大差は無いのでは、といった感じだ。

とはいえ個人的には影の方が少し上かな、という認識ではいるが。

 

私見だが上に書いた通り

真田本来のパワープレイを楽しみたいなら表、堅実にやるなら影、といった感じである。